恋愛

【恋愛】彼氏とはSNSで繋がらない方がいい理由

彼のSNSが気になる


彼氏とSNS(Instagram,Twitter)でつながっている人がほとんどだと思いますが、私はあまりSNSで彼と繋がらない方がいいと思っています!


なぜなら知らなくていいことを知ってしまう可能性もあるし、それによって不安になってしまうからです。

自ら不安になる要素を探しに行く必要はないですよね。


今日のブログの内容は、SNSのせいで楽しくない恋愛をしている方に、1度やめてみようかな〜って思ってもらえるような内容になっています!

さき
さき

私たちを嫉妬に狂わせたり、探偵並みに彼の周りの女の子の素性を調べ上げさせるSNS。
普段の自分じゃなくなるSNSの怖さについてお話をしますね♡


起こりうる事

彼の過去を遡って、彼の元カノを探そうとしたり、新しいフォロワーが誰なのか?何繋がりの人なのかを探偵並みにさぐってしまったり。。


基本的にSNSは、今の彼以外の事も知れちゃうから良くないんですよね。。

昔の交友関係や、昔の彼女、、など。

マメな人だったり、今までSNSで彼女との写真を投稿していない人だったらいいんですが。。。

さき
さき

今の若い子たちって大変そうですよね。
もし私が今の時代に学生だったら、嫉妬で恋愛出来ないと思います。。

彼の行動を見張ってしまう

どうゆう背景で撮った写真かわからないのに、無駄に嫉妬するのはよくないと思いますが、つい嫉妬しちゃうんですよね。。


また、彼からの返信がない時に、「もしかして・・・」と彼のSNSを確認しがちですよね。

「私のLINEには返信をしないで、まさかSNSを更新してるんじゃ?」とちょっと怒り気味で確認をしちゃいますよね。


会っていない時間はお互いの自由な時間のはずですよね。

なのに、彼の行動を見張ってしまい、誰に”いいね”をしているか、

また、どんな人とコメントで話しているのかをいちいち確認してしまうのはよくないですよね。(気になってしまう気持ちわかりますよ!)

また、可愛い女の子のアイコンの子に勝手にライバル心を燃やしてしまうってこともありますよね!!

自分から不幸になろうとする

知らなければ知らないで済むようなことを、自ら知りたがってしまうのが女心。

聞いて良いことなんてないのに、元カノがどうゆう人なのかを彼に聞いて撃沈したりと、、

それと同じで過去の写真まで遡ったり、タグ付けから飛んだりして、彼の過去を徹底的に調べあげるのは良くないです。


興味本位かもしれないけど、彼の過去を勝手に知ろうとしたところで何も楽しくないですよね。

むしろ今の彼を信じられなくなったりすることがあると思います。


SNSで繋がってしまうと、感じる必要もなかった彼を疑う気持ちが生まれてしまうんです。

さき
さき

私の友達にも『彼とSNSで繋がっているのに疲れちゃったから、インスタをやめたの!』と言っている子がいました!


彼が浮気をしている訳がないのに、つい可愛い子の写真にいいね!をしているだけで不安になってしまうんですよね。。


恋をする乙女ならではだと思うけど、上手にSNSとは付き合わないと苦しい恋愛になってしまう場合もあると思うので、気をつけましょう!

彼の過去も受け入れる

彼の過去は気にしてもしょうがないです!

誰にだって過去はあるし、自分にも過去はありますよね?


もしかしたら過去の恋愛で彼は傷ついたのかもしれません。

色んなことを学んだ彼だからこそ、今2人は出会えて恋人になれているということを思い出してみてください♡


彼の過去も嫉妬も全部受け入れてみると、それが余裕に見えるんですよ!

そうするとより彼に愛されますよ〜♡

さいごに

今の彼とは、まったくSNSで繋がっていませんが、本当に心が楽です!

平和です!平穏です!

さき
さき

本当に毎日 穏やかな恋愛ができています♡
出会わせてくれてありがとう〜♡


SNSで彼氏と繋がっていないおかげで、私たち2人の間にだけ集中できていると思います!


恋愛って他人は関係ないですよね、私たち2人だけの世界のはずです。

だからこそ、私たちが彼をしっかり夢中にしていればなにも不安なことはないんです♡

彼のSNSを確認する回数を控えようかな〜って思っていただけたら嬉しいで♡

以前までの私は『自分らしく、自分を大事にする生き方』が出来ませんでした。

色々な方の本やブログを読んで、今では幸せな恋愛ができるようになりました♡

国際恋愛ですが、”自分を大事にするマインド”はどんな恋愛でも役に立っています♡

気になる方はこちらからお読みください♡
(国際恋愛と普通の恋愛でのマインドのあり方は同じですよ♡)
 
このブログを通して、幸せを感じる恋愛のお手伝いができますように。
 
このブログの筆者である、さきのプロフィールはこちらから読めます♡
 

最近の投稿